■ RGC-80 GM CANNON

■ブログ 2013/01/13「MSV1/144ジムキャノン完成しました。」

▼製作中ページに載せてたもの

塗装のしやすさを考えて、一部のパーツを分割したりで後ハメできるようにちょこっとだけ加工しました。 ポリキャップを仕込んでの可動拡大改造とかはしていません。

| ▲このページの先頭に戻る |

■ 使用キット紹介

機動戦士ガンダムMSVシリーズ
RGC-80 ジムキャノン

1983年5月発売 400円

単色成形、要接着剤の旧キット。

ジムキャノンはZガンダムの劇中に登場したので、Zガンダムシリーズのほうでも成型色違いの同キットが出てました。

■ amazonで買う

■ 旧キットの説明書はなんか良い感じなところがある。

付属の組み立て説明書の「塗装&マーキング」の頁がなかなか良い感じなんですよ。今回私がやった一般塗装のほうの塗装例の解説には次のようなことが書かれてます。

「基本色は、ガルグレー、モンザレッド、スチールブラック(黒鉄色+つや消し黒)の3色です。この3色を本体に塗装したあと、エアブラシを使い、スモークグレイでシャドウ(影)をつけてあります。」

子供向けでもあるガンプラの塗装例で、当然のようにエアブラシでのシャドウ。そういうところ、なんか好きです。

ちなみに、私は上記カラーレシピは無視して適当な勘による調合で作ったソレっぽい色で塗りました。シャドウがけもしてません。

■ 1/144

■RGC-80 ジムキャノン

■ガンダムMSV-素組

■2013年01月完成

・Mr.カラー エアブラシ塗装

■ 特に改造とかやってません。

塗装の時に不便なので、腕(肩パーツ)と脚、頭部を後ハメできるように少しだけ加工しましたが、基本は素組。特にプロポーションの変更等は行ってません。(あ、忘れてた。頭部の顎周りを削り込んで少し小顔化しました。) 可動範囲の拡大改造とかもやってないので、棒立ちな感じですが、旧キット独特の良い雰囲気が出てますかね?

■ 塗装

メインカメラとトサカカメラの青と赤のところだけ筆塗り、あとはエアブラシ塗装ですが、全部筆塗りのほうが楽だったかも。

パッケージの絵に描かれているジムカラーの一般塗装と、ブラウンベースのアフリカ戦線仕様の塗装、Zガンダムの劇中に登場した赤いやつ、どれでやろうか悩んだんですが、MSVの一般カラーで塗りました。

成型色がベースカラーのグレーに近い色ですが、一応全て塗装してます。