■ MBF-P02 GUNDAM ASTRAY RED FRAME

■ 王道ではない

"アストレイ"は日本語にすると"王道ではない"という意味になるそうです。 ガンダムアストレイは"王道ではないガンダム"というわけです。

僕は異端系のガンダム(例えばMk-Vとか)が好みなので、 SEEDの中ではこのガンダムらしからぬフレームのアストレイが一番好きなMSだったりします。

■ カラーリング

組立説明書のカラーレシピを参考にソレっぽい色を作って塗っています。 エアブラシを使おうと思っていたのですが薄め液が残り少なかったので今回も筆塗りです。

| ▲このページの先頭に戻る |

■ よく動く

改造しなくても十分よく動きます。 アストレイはもともと立体化された時の可動範囲を計算したかのような良いデザインですからね。

このHG版が発売される前、動かないSEED1/144シリーズのアストレイに苦労して可動化改造を施した人も多かったみたいですが このHGアストレイはただ素組するだけでそれ以上に良く動くのです。

普段は変にポーズをつけて撮影しない僕ですが、このキットではついポーズをつけて撮りたくなったくらいですから。

■ 使用キット紹介

SEED HGシリーズ
MBF-P02 アストレイ
レッドフレーム

2003年11月発売 1,260円

SEEDHGシリーズは1/144スケールで統一されており、クオリティーはHGUCと同じです。

SEEDには同じ1/144スケールで「SEED1/144シリーズ」がありますが、ソレと比べるとその作り易さは雲泥の差。 塗装しなくてもほぼ設定通りの配色が再現され、更によく動きます。 価格は1/144シリーズが300円や400円というのに対してHGは千数百円と少し高いですが、それだけの価値はあります。

HGガンダムアストレイレッドフレームには1/144シリーズに無いマーキングシールと日本刀型武器のガーベラ・ストレートが付いています。

■ amazonで買う

■ 1/144

■MBF-P02 アストレイ
レッドフレーム

■SEED HG

■2004年5月製作

・合わせ目消し等
・GSIクレオスMr.カラー筆塗り

■ 無改造です。

合わせ目などの表面処理と塗装だけの素組です。

色塗りが苦手な人には少し塗り分けが難しそうなところもありますが、 300円のSEED1/144シリーズのアストレイとは比べ物にならないくらいに作り易いキットです。

■ 1年ぶりの人型

'04年1月にオリジナルMS"ARIA"のお手軽手直しをやりましたが、 それをカウントしなければ前に人型を作ったのは '03年5月のフリーダム。 ずっと旧キットMAを中心に作っていたので約1年ぶりの人型MSです。 パーツの少ない旧キットMAばかり作っていた後だったので、 HGのパーツ数でさえ多く感じてしまいました。

■ サムライブレード

ビームライフルもビームサーベルもいいですがコレには敵わないでしょう。

「ガーベラ・ストレート」つまり「菊一文字」です。 何故MSに日本刀なのか?とツッコミ入れるのは野暮というものです。 「王道ではない」のですから...。こういうノリは好きです。

しかし後で出てきた150メートルの巨大ガーベラ・ストレート「150ガーベラ」には正直引いてしまいました...。 お子達へのウケ狙いは分かりますが...さすがにあれは悪ノリしすぎです。